前向きうつ女🌼けせらせら

うつ病と共に過ごしてはや4年目🤭うつ病を治すではなく、共に生きる選択をし毎日幸せに生きています!日々感じたことを自分なりの表現と考え方を発信して、毎日の幸せに気づくことをモットーに更新していきます!!気に入って頂けたら、読者ぼたんへ😆

★Welcome to My blog★

私の大好きな先生🥰

私の人生を支えてくれた先生を紹介します!

 

私は,教育系の学部に通っていました。

この先生は,大学の社会科の教授です。

 

教育界では,有名な教授です。

私たちが卒業する1年前に,

定年退職をしてしまいました。

なので,おじいちゃん先生です。😏

 

この先生の第一印象は,ちょっと変わった人だな~という印象でした。

学科内でも有名な先生で,

ああ!あの先生ね!という感じで

好き嫌いが分かれるような先生でした。(笑)

 

いいことはいい。だめなことはだめ。

とはっきり言う先生でした。

言い訳なんか一切通用しない。

バスが遅れたなんていったからには,

バスが遅れることも想定して来なさい。

とのことで,遅刻扱い。

大体の教授は,通学バスが遅れた時には,

数分であれば許されていたので

学生たちにとっては何があっても

絶対に遅れられない授業でした(笑)

 

私は,苦手な先生でした(笑)

 

ですが,私が初めてうつ病になったことが

きっかけで先生が大好きになりました。

 

私は,大学3年生の時に

初めてうつ病になりました。

原因は,彼氏が浮気をしていたからです。

ここまでは,まあ大学生ならよくある話

だと思うのですが...

 

浮気相手が何人もいて,

その2人は同じクラスの人で(笑)

しかも,そのうち1人は2人で遊びにいくような友達だと思っていた奴だったので

完全に人間不信になりました。(笑)

 

そしたら,家から出れなくなってしまって

ご飯も食べたくないし,眠れないしで

今だから言える話ですが,

自殺も普通に考えました。

 

体重も何キロも減って。

字も読めなくなって。

もう死にたい。しか考えていませんでした。

 

もちろん!!

今は,1ミリもそんなこと考えないし,

誰よりも自分が幸せだと思えてます!!!

 

当時の私は,自分に自信がなくて自分が悪いと思い込んでいましたが,

今思えば,考えているだけ無駄な時間だったと思います。(笑)

 

でも,1度落ち込んでしまうと

なかなか戻れないもので。。

もちろん,教室なんかには入れません。

当事者たちが堂々と教室にいるので。

 

私は完全に不登校になりました

 

そして,

大学を1年休学することになりました。

 

各教授のところへ行き,

休学をお願いしに行きました。

本当に行くのが怖くて,

行くと決心して家を出るのに

何時間も経ってしまいました。

 

教授たちは,いわば教育のプロですので

心を病む子どもや大人を

たくさん見ています。

なので,話を分かってくれ

レポートで対応してくださいました。

 

そして,最大の難所が序盤で話しをした。

社会科の教授です。。

 

1話が通じない先生だと思っていたので,

ボロボロのメンタルで会いに行くのは

かなりの勇気が必要でした。

 

そんな恋愛なんかで甘ったれるななんて言われたら,もう死ぬ。

 

と思いながらもいくしかなかったので

泣きながら部屋に入っていきました。(笑)

 

流石の先生も,泣きながら入ってきたので驚いたようで(笑)

すぐに部屋の扉を閉めて,

私が落ち着くまで待ってくれました。

 

そして,話を親身になって聞いてくれました。先生は,どの先生よりも私の心を理解してくれました。

 

うつ病は,

心の病気なので目には見えません。

でも,嘘じゃないんです。本当に辛くて。と泣きながら訴える私に

「大丈夫。君は,嘘をつくような人じゃない。」といってくれたんです。

そしたら,また涙が止まらなくなりました。

 

それから,リハビリもかねて大学に行く練習をしました。

私は,本当に人に恵まれていて家まで友達が日替わりで迎えに来てくれました。

どうしても行けない日があっても,

迎えに来てくれました。

本当にありがたかったです。

他にも,私の目に当事者たちが触れないように私を囲むように座ってくれました。

 

大学内に足を運べても,教室に入れない日もたびたびありました。その時,助けてくれたのは社会科の教授です。

教授が部屋を貸してくれて,

かくまってくれました。

私の大学での居場所ができました。

 

そんなこんなで,友達と教授のおかげで大学にも復帰することができ,

教授たちの粋な計らいで課題提出で単位をいただけることになり,同級生たちと共に卒業することができました。

 

真面目に授業を受けていたからと言われて,

真面目で良かったと初めて思いました(笑)

 

そして今日,

久しぶりに教授に電話をしました。

教授には,大学を卒業してからたびたび連絡をしていました。

もちろん,2度目のうつ病発症のときにも連絡しました。

助けてー!!って。(笑)

 

電話で教員を辞め,

新しい道へ進むことを話すと

私がまた元気になったことに

喜んでくれました。

そして,うつの原因を話そうとしたら教授がそれを見事当ててきて

それにまた大泣きしちゃいました。

やっぱり,分かってくれる。って。

 

あー先生は私の1番の理解者だと改めて感じ

結婚式に来てもらうという夢ができました。