前向きうつ女🌼けせらせら

うつ病と共に過ごしてはや4年目🤭うつ病を治すではなく、共に生きる選択をし毎日幸せに生きています!日々感じたことを自分なりの表現と考え方を発信して、毎日の幸せに気づくことをモットーに更新していきます!!気に入って頂けたら、読者ぼたんへ😆

★Welcome to My blog★

私のうつ歴史Part①

f:id:yurunikki0825:20201005190439j:image

 

今日はいろんなことを考えることが多いので本日3件目の投稿になってしまいました🤣

考えることがとっても楽しい毎日です😇

 

おそらく私の記事を見ていただいている読者の皆さんには、私が2年以上うつ病であることを知っているかと思います。そして、知らなかった方も今知れたと思います。

 

少し私の「うつ歴史」を話したいと思います。

 

私が初めてうつになったのは、大学3年生の時です。

原因は、当時付き合ってたクラスメイトの彼氏が私がちょくちょく遊んでいた友達との浮気が発覚してからです。しかも、根掘り葉掘りしていくと他のクラスメイトともあったようで。

 

その当時は、自分がもっとこうしてればこんなことにならなかったと、今では謎ですがとにかく死にたくなるくらい落ち込んでしまったんです。笑

その時は、真面目が損してなんなんだろこの世の中って思ってました。笑

 

今では、なんで自分一つも悪くないのにあんなに落ち込んじゃったのか分からなくてアホだったな〜と笑い話です笑🤣

 

まあそれくらい大好きだったんでしょう。

 

うつから復活してからは、関わった全員ただのク○野郎としか思ってませんでした。笑

 

でも治るまでは、なんでこんな風になっちゃったんだろう。って毎日泣いてばかりでした。

大学も休学させてもらって、一年近く家から出ない生活でした。

 

でも、復活するとあぁ、なって良かったって不思議なことに思うんです。笑

 

2回うつになっている私がいうんですから本当です。

 

なぜ、この時に良かったと思えたかっていうと。

「友達の大切さ」と「人との関わりの大切さ」に気づけました。

もちろん、家族にも感謝しています。

でも、友達がいなかったら卒業できていません。

 

私はラッキーなことに、1年間休学していたのにも関わらず同級生たちと一緒に卒業できたんです。本当にびっくりだし、普通じゃあり得ないと思います。

 

でも、それができたのはうつ病という病気を理解してくれた大学の先生方、両親、そして、友達の存在がなければそんな風にはいかなかったと思います。

 

大学の先生たちは、レポートや補習をして単位をくれました。他の人たちからみれば、特別待遇です。

どうして、そうしてくれるんですか?と聞いたところ普段、一生懸命、真面目に頑張っていたことを知ってるから。とそう答えてくれました。

 

あぁ、真面目で良かった。と心から思いました。

 

友達は、私が一人暮らししているアパートに迎えに来てくれたり、原因の奴らが近くにいたら私の周りを囲ってくれたりしました。いつも嬉し泣きしてました。ありがとうを何度言ってもいい足りないくらいです。

 

大学にいけるかいけないかは直前まで分かりません。前日はいけると意気込んでいても、朝になるとやっぱり行けない。っていう日もたくさんありました。それでも、んじゃまた迎えに来るな!といって私を見捨てないでくれました。

 

一生、忘れない温かい思い出です。

 

今、うつで悩んでいる方々に伝えたいことは止まない雨はありません。必ず理解してくれる人が周りにいます。1人じゃ抜け出すのは難しいでしょう。

 

助けてっていっていいんです。

あなたを理解して、助けたいと思ってくれている人が快く助けてくれるでしょう。

 

もし、今の段階でいないというのならば

心の相談と検索すればたくさんあなたの悩みを聞いてくれる人が沢山います。

 

そして、その人たちは必ずあなたに理解を示してくれるでしょう。

 

私は、一人暮らしのアパートで死にたくて死にたくて仕方がなくて包丁をもって首にあてたときがあります。

 

でも、死にたいのに死ぬのが怖くて大泣きしてました。

 

そこで、大学の相談室に大泣きしながら

 

「助けてください。」

 

とその一言だけ言いました。

 

それがきっかけで医者に通うことや休学すること今まで動かなかった日常が少しずつ動き出したんです。

 

だから、自分で一歩踏み出してください。

すごく怖くて怖くて不安で、その一歩を踏み出すのに時間がかかると思います。

だけど、その一歩が自分らしさを取り戻すためのスタートを踏み出せると私は思います。